気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 気象庁のお仕事 > 気象庁の仕事って何してるんだろう?

気象庁のお仕事

気象庁の仕事って何してるんだろう?

国家には気象庁なるものが存在します。これは日本の自然や天気に関することを調べていたり、実施しています。気象予報士の大元になります。いったいどんなところなんでしょうか?

気象予報士を目指す方は知っておく必要がありますね。

 

気象庁が主に行うのは自然現象の観測データ収集、世界・全国規模の解析および予報等を行うこと、広域・地域的規模の解析及び警報、予報等を行い、国民生活の安全・安心の確保、商業活動等への支援を行っています。

 

また、気象庁は、「災害対策基本法」、「気象業務法」などに基づき、国の防災関係機関の一つとして、災害の防止・軽減、災害発生時の応急対策、二次災害発生の防止などに必要なさまざまな防災気象情報を、国・地方公共団体などの防災関係機関に提供しています。

例えば、地震発生後に気象庁が発表する震度情報に基づき、国としての初動対応がとられます。 また、気象庁の防災気象情報は、報道機関を通じて、国民へも提供されます。

 

一方、都道府県・市町村が中心となって実施される地域の災害対策でも、地方気象台などから提供される防災気象情報が活用されています。

地方気象台などでは、都道府県が災害対策本部などを設置した場合などに職員を派遣し気象状況の解説、「地域防災計画」の作成・実施への助言、防災に関する知識普及のための講演会を行うなど、地方公共団体や地域住民との連携を図っています。

防災情報は国民の生活に重要な影響を及ぼすので、認可事業者等では出すことができず、気象庁から発表になります。

   

     気象予報士  気象予報士の講座徹底比較しました!

通信講座を選んでいる方、興味のある方へ!

・現在、気象予報士の資格講座をいろいろ調べた結果、トップ3をピックアップして徹底比較してみました

・実際に資料請求もした講座もあり!

→気象予報士の講座を徹底比較