気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 気象予報の今後はどうなる? > 気象予報の今後はどうなる?

気象予報の今後はどうなる?

気象予報の今後はどうなる?

時代とともに気象予報の精密さや活動も変わってきています。今後の気象予報はどう変化していくのでしょうか?

 

以前は、気象予報をする時の基準になっていたのは、移動性温帯低気圧の発達の予報であり、当初は、1〜2日先を予想することしかできませんでした。 気象予報士

それが、気象データの精密さや技術の発達によって、1週間、1ヶ月と予報できる期間が延長されてきました。

予報期間が延長されてきたことから、今後は、その数値予報をもとにして、さらに長期予報や気候の予報、なども期待できるようになると思われます。

 

また、この数値予報を使って、観測システムの改良なども研究されており、そのシステムの有効性をはかるということにも役立っています。

さらに、中規模現象を予測したり、飛行場などを対象にした短時間の予測や、気象以外の火山灰の拡散についてや、汚染物質の拡散についてなどにも適用されています。

気象予報も情報サービスの一因を担うという意識が高まり、ユーザが欲しいと思う情報をいかに適切に早く、正確に提供できるかを各ネットワーク等の活用を図ることが大切になってきています。

   

     気象予報士  気象予報士の講座徹底比較しました!

通信講座を選んでいる方、興味のある方へ!

・現在、気象予報士の資格講座をいろいろ調べた結果、トップ3をピックアップして徹底比較してみました

・実際に資料請求もした講座もあり!

→気象予報士の講座を徹底比較