気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 気象予報士のお仕事内容は? > 実際に気象予報士ってどんなお仕事をしているのでしょうか?

気象予報士のお仕事内容は?

実際に気象予報士ってどんなお仕事をしているのでしょうか?

よくテレビなどで活躍している気象予報士ですが、それだけが仕事ではありません。実際はどんなお仕事をしているのでしょうか?

 

気象予報士のお仕事は、簡単に言えば気象庁から提供されるデータを解析、分析して天気の予報を出すのが主な仕事になります。 気象予報士


主に民間の気象会社に勤務していて、お客様の要望に応じた気象予報情報を提供します。


短期の予報を担当する人は、毎日のお天気が売り上げや仕事に直結する会社などに予報を提供しています。そのために気象庁の予報官が出されている気象衛星(ひまわりが有名)や地上レーダーなどから得られる様々なデータに自分の経験から得られた知識などを加えて予報を出しています。

 

長期の予報を出す場合は、さらに難しくなります。
なぜかというと、経済活動はお天気によってかなり左右されるので会社や農家、漁業関係者にとっては長期予報は必要不可欠なものになっています。これらの場合は地球規模で大気の流れや海水の温度などを解析、分析しなければならないので大変です。

 

また、テレビやラジオなどでお天気キャスターとしてお仕事をしておられる方もいます。

毎日必ず放送されるものですので、気象予報士=お天気キャスターと考える方も多いですが、お天気キャスターさんが必ずしも有資格者である必要はなく、あくまでも気象の予報を行う人が気象予報士なので勘違いしないようにしてくださいね!

   

     気象予報士  気象予報士の講座徹底比較しました!

通信講座を選んでいる方、興味のある方へ!

・現在、気象予報士の資格講座をいろいろ調べた結果、トップ3をピックアップして徹底比較してみました

・実際に資料請求もした講座もあり!

→気象予報士の講座を徹底比較