気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 気象予報士の給料 > 気象予報士っていくら給料をもらっているのか?

気象予報士の給料

気象予報士っていくら給料をもらっているのか?

気になるのが実際に試験に合格して、いったいいくら給料をもらっているのでしょうか? もちろん個人の知識や経験や、個人のもつ能力に関係しています。

 

現在の日本の国家資格の中でも、最難関の部類に入る気象予報士資格ですが、実は資格を持っているだけではあまり収入は期待できません。 気象予報士

やはり働き口が必要になります。

気象予報士の平均年収ですが、480万円〜600万円という数字が出ています。

あくまで平均ですので、自分の個性を生かし、お仕事を見つけたり所属する環境によってはもっと多くの収入を得ている方もいます。

しかし実際には平均よりも少ない方は実在していまして、会社員というよりは個人事業に近い印象があります。あくまで自分次第といったところでしょうか。

個人の知識や経験等が重視されますので、一概にこの数字とは言えないですが。

 

・テレビ・ラジオなどメディアのお天気キャスター

これは気象予報士の花形とも言えるでしょう。給料も平均より大幅に多く年収1000万を超える方もいます。

これらはテレビやラジオなどのメディアと契約して、まさに大活躍してる方もいますね。メディアと契約するのであれば、自ら申し込んだり、メディア関係者にお願いしたりしているそうです。これらで活躍するためには、自分の個性を生かしメディアに対してアピールする必要があります。

 

・個人で仕事を会社や組織などに依頼する。 

個人的に予報を行うのは自由ですが、業務として気象予報する場合は気象庁長官の許可が必要なのに加え、気象庁から観測データを買わなければいけない、独自の観測機器を自前で用意しなければならない等ある程度の資金が必要となります。また日々の勉強が必要になります。

個人は収入に関してはピンキリです。自分の才覚がものをいうでしょう

 

気象予報官・地方自治体に入る 

気象庁の予報官になる、または住民向けに予報を出している地方自治体で働くという道もあります。しかしこれらはまたその所属する会社に合格する必要があります。

これら所属するとだいたい平均年収ほどのお給料がもらえます。

といった感じで一言に気象予報士といっても稼ぐ給料はピンキリであるといえます。これは世間的にも会社員でなければ当たり前の話ですが。 要は自分次第で給料が変わる職種であるといえますね。

   

     気象予報士  気象予報士の講座徹底比較しました!

通信講座を選んでいる方、興味のある方へ!

・現在、気象予報士の資格講座をいろいろ調べた結果、トップ3をピックアップして徹底比較してみました

・実際に資料請求もした講座もあり!

→気象予報士の講座を徹底比較