気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 気象予報士とは? > 気象予報士って何?

気象予報士とは?

気象予報士って何?

みなさんが必ずといっていいほどごらんになる天気予報。


降水確率や洗濯指数、波の高さなど生活に密着した情報は実はこの資格を持った人が予想して、それを一般の人にわかりやすく情報として提供しているものなのです。

 

この仕事をしている人を気象予報士といいます。
つい最近といっていい平成6年度から気象業務法という法律の改正に伴い導入された気象予報士制度というものからなっています。 気象予報士


この制度は国の防災に関する情報と密接な関係にある気象情報が間違って流された場合、社会に混乱をきたす恐れがあるため、管轄する気象庁から提供される数値予報資料など難しい予測データを解析できる専門の技術者を確保するために創設されたものです。


テレビ局やラジオ局、新聞社など予報業務を行う事業者は、お天気などの予想をこの資格を持つ気象予報士に行わせることを義務づけられています。


気象予報士になるためには財団法人気象業務支援センターが実施する気象予報士試験に合格して気象庁長官の登録を受けなければなりません。


試験の合格率はとてつもなく低く、4%〜7%という狭き門です。

しかし実際に毎年気象予報士が誕生しているのも事実です。

     

     気象予報士  気象予報士の講座徹底比較しました!

通信講座を選んでいる方、興味のある方へ!

・現在、気象予報士の資格講座をいろいろ調べた結果、トップ3をピックアップして徹底比較してみました

・実際に資料請求もした講座もあり!

→気象予報士の講座を徹底比較