気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 気象予報士の受験申込について > 気象予報士の受験はどうやって申し込むの?

気象予報士の受験申込について

気象予報士の受験はどうやって申し込むの?

気象予報士にはなりたいけど、どのような感じなのだろうか?という方にご紹介します。

 

気象予報士試験を受験される方は、試験実施日の約3ヶ月前に発表される受験要項に沿って願書を提出しなければなりません。 気象予報士


その際必要になる申請書類や試験案内書は財団法人気象業務支援センターで一部200円で購入するか、インターネットサイト上からダウンロードして入手する必要があります。インターネットで入手する場合は無料です。


試験日程の詳細は毎年4月上旬ごろに、財団法人気象業務支援センターで発表になります
試験の回数、試験案内書の頒布開始日、受験申請書の受付期間、試験日、合格発表日などが発表になります。


ここで注意なのが受験申請書の受付期間が結構短いので

(例)平成19年度試験の場合、

弟28回試験の申請受付が平成19年6月18日(月)〜平成19年7月6日(金)

第29回が平成19年11月12日(月)〜平成19年11月30日(金)

期限を過ぎると受験できなくなってしまいます。といった感じで受験申込期間は短いので注意しましょう。
配布された願書に記入し、受験料を納入すれば受験票が発送されてきますので、あとは試験に臨むことになります。

   

     気象予報士  気象予報士の講座徹底比較しました!

通信講座を選んでいる方、興味のある方へ!

・現在、気象予報士の資格講座をいろいろ調べた結果、トップ3をピックアップして徹底比較してみました

・実際に資料請求もした講座もあり!

→気象予報士の講座を徹底比較