気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 簡単な勉強方法 > 簡単な勉強方法について

簡単な勉強方法

簡単な勉強方法について

ここでは受験必勝法ではないですが、勉強の仕方について説明します。勉強の仕方って結構重要ですよね。

 

気象予報士試験の勉強を始める前に、まずしておくことは、参考書を選びましょう。 気象予報士

近くの書店に気象予報士関連の参考書がおいていない場合は公立図書館や学校の図書館などを使ってみるのも良いです。


図書館等でご自分にあった参考書を見つけたらインターネット等で購入してみてはいかがでしょうか? 

ただ、資格参考書は高価なので、図書館から借りたり、オークションなどを利用してリーズナブルに済ますことをオススメします。

もし、図書館等に資格本がなくてもリクエストすれば置いてくれるところが多いので、有効に活用すればかなりの節約が期待できます。

 

次に、学科試験合格のポイントですが、基本的に参考書を読み、過去問題や演習問題を解くというサイクルを何度も繰り返して、自分の弱点を見つけ、それをノートにまとめて苦手ノートや自分専用の用語集を作り、読む・・・ということを繰り返すのがよいと思います。何度も繰り返していると自然に頭に入ると思います。

 

実技試験は、実例ごとにキーワードをまとめて、天気図を見ればそのキーワードが頭に浮かぶように、何度も何度も演習問題を繰り返し解くことがポイントですね。実技試験は時間がギリギリで書き直しているとすぐにタイムオーバーになってしまうので、演習問題や過去問題を繰り返し解いて、時間の使い方を身体に叩き込むのが良いと思います。

   

     気象予報士  気象予報士の講座徹底比較しました!

通信講座を選んでいる方、興味のある方へ!

・現在、気象予報士の資格講座をいろいろ調べた結果、トップ3をピックアップして徹底比較してみました

・実際に資料請求もした講座もあり!

→気象予報士の講座を徹底比較