気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 気象予報士の試験で知っておくこと > 気象予報士の試験で知っておくこと

気象予報士の試験で知っておくこと

気象予報士の試験で知っておくこと

気象予報士になるためには、(財)気象業務支援センターが実施する気象予報士国家試験に合格しなければなりません。ここでは試験に関する概要的な説明をしたいと思います。

 

試験の意義
本試験の意義は、この試験の合格者が現象の予想を的確に行える能力を持っていて気象予報士の資格があることを認定するために行われるものです。
すなわち、気象予報士として
1.今後の技術革新に対応できるように必要な気象学の基礎知識の習熟
2.各種データを適切に処理し、科学的な予測ができるための知識、能力
3.予測情報を提供するときに不可欠な防災上の配慮を的確に行うための知識、能力
などを認定することを目的としています。

受験資格
受験資格の制限はありません。子供でも外国人の方でもどなたでも受験できます。

試験地
北海道、宮城県、東京都、大阪府、福岡県、沖縄県で実施されます。

試験手数料
11,400円が必要です。

 

試験の概要
学科試験と実技試験があります。

学科試験は予報業務に関する一般知識と予報業務に関する専門知識があって、原則として5つの選択肢から1つを選択する多肢選択式によるものとします。(いわゆるマークシート式試験ですね)

 

実技試験は文章や図表で回答する記述式試験になります。

詳しい試験の時間割や試験科目、試験時間は下記に記します。

09:45〜10:45 学科試験 予報業務に関する一般知識 多岐選択式
11:05〜12:05 学科試験 予報業務に関する専門知識 多岐選択式
12:05〜13:10 休憩
13:10〜14:25 実技試験 気象概要およびその変動の把握、局地的な気象の予想、台風等緊急時における対応 記述式
14:45〜16:00 実技試験 気象概要およびその変動の把握、局地的な気象の予想、台風等緊急時における対応 記述式

試験の一部免除制度
学科一般・専門のいずれか、または両方に合格した人については申請により合格発表日から一年以内に行われる該当する学科試験が免除されます。また、気象業務に関する業務経歴か資格をを持っている人については申請により学科試験の一部または全部が免除になります。

試験日程
年2回、夏と冬に実施されます。平成19年度は平成19年8月と平成20年1月に実施されました。年度毎の試験日程については毎年4月上旬に確定しますので(財)気象業務支援センターのウェブサイト等で確認してください。

   

     気象予報士  気象予報士の講座徹底比較しました!

通信講座を選んでいる方、興味のある方へ!

・現在、気象予報士の資格講座をいろいろ調べた結果、トップ3をピックアップして徹底比較してみました

・実際に資料請求もした講座もあり!

→気象予報士の講座を徹底比較