気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 気象予報士の試験免除の項目 > 気象予報士には試験免除の項目があります

気象予報士の試験免除の項目

気象予報士には試験免除の項目があります

それは試験が難しいために、対策として免除制度が出来たということらしいです。ではどのような場合に免除されるのでしょうか?

 

気象予報士の資格を取るには学科試験・実技試験両方に合格することが必要なのですが、

学科試験に合格し、実技試験に不合格であった場合、合格発表日から1年間学科試験が免除になります(2科目の学科のうちどちらか1つが合格であれば、その科目が免除になります)。


これが免除されるのとされないとでは、次回の試験の勉強量に雲泥の差がつきますので、最低でも1科目は合格しておきましょう。


その他、気象業務に関する業務経歴がある方、または資格をもっている方については、

 (1) 国の行政機関(気象庁・防衛庁)で、予報業務・観測業務に7年以上従事した方は、学科の一部または全部が免除されます(従事した業務・職名に細かい制限があります)。

 (2) 国の行政機関(気象庁・防衛庁)で、3年以上の予報・観測の業務経歴があり、気象庁長官の定める養成課程を修了した方は、学科の一部または全部が免除になります。(養成課程の細部については気象予報士試験案内書参照)

 (3) 気象庁長官の許可を受けて予報を行っている民間会社(予報業務許可事業者)において「主たる予報者」として3年以上従事し、気象事業者上級職員特別講習を修了した方は学科全部が免除になります。

 (4) 応用理学部門の登録を受けた技術士の方で、予報業務に3年以上従事した経歴を有する方は学科全部が免除になります。

 

なお、いずれの場合も、受験申請時に「免除」の申請も自身で併せて行う必要があります。
 
  ※気象庁長官の定める養成課程とは、
  (1) 気象大学校の研修課程(研修課程名に制限有り)
  (2) 自衛隊の研修課程(研修課程名に制限有り)
  (3) (財)気象業務支援センタ−が行う気象事業者上級職員特別講習

   

     気象予報士  気象予報士の講座徹底比較しました!

通信講座を選んでいる方、興味のある方へ!

・現在、気象予報士の資格講座をいろいろ調べた結果、トップ3をピックアップして徹底比較してみました

・実際に資料請求もした講座もあり!

→気象予報士の講座を徹底比較