気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 気象・天気の基礎知識

気象・天気の基礎知識

大気の構造

ここでは大気の構造について説明しています。 大気は知ってみるとなかなか奥が深く楽しいものです。

 

「大気の構造」詳細はこちら

予報の3段階

気象予報士でなくても耳にしたことがある「予報の3段階」。知っておくといいと思います。気温や降水量に関係しています。

 

「予報の3段階」詳細はこちら

天気の予想について

気象予報士にとって一番大事な仕事ですね。天気の予想はどうやってしてるのか?ということを簡単に説明しています。

 

「天気の予想について」詳細はこちら

季節予報について

季節予報とは文字通り、季節を予報するものです。季節ごとの気温や降水量、積雪など四季のある日本には必要なものなのです。

 

「季節予報について」詳細はこちら

雨量の単位

雨量の単位とは、単に雨が降ったというもののほかに台風や洪水などに必要なものですね。気象予報士には簡単なことなのかもしれませんが、知っておくといいでしょう。

 

「雨量の単位」詳細はこちら

気象観測について

気象観測は、ベース基地の気象庁のほかに全国12000ヶ所の地点で国や地方公共団体が行っています。よく山間部なんかを車で走っていると、降雪量観測地などという看板を目にすることがあると思いますが、それがそうです。

 

「気象観測について」詳細はこちら

気象レーダー観測って何?

気象レーダーを使った気象観測では、マイクロ波とよばれる光速で直進する電波を用いて、短時間で半径数100キロの広範囲内の雨や雪を観測することができるのです。

 

「気象レーダー観測って何?」詳細はこちら