気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 予報の3段階 > 予報の3段階

予報の3段階

予報の3段階

気象予報士でなくても耳にしたことがある「予報の3段階」。知っておくといいと思います。気温や降水量に関係しています。

 

気象予報をごらんになっているときに、気温や降水量などを「例年より低い(少ない)」「平年並」「例年より高い(多い)」の3階級で言い表すことがあります。

これは、10年ごとに更新される30年間の観測値を下から順に、一番下から10番目までを「低い(少ない)」、11番目から20番目を「平年並」、それ以上を「高い(多い)」としています。

また、それぞれが全体の33%で各階級の出現率が等しくなるように決めたものでもあります。現在使われている区分値は、1971年から2000年までの30年間の資料をもとに作成した値です。

区分値は、夏と冬でも異なりますし、地域によっても変わります。これら階級をもとに言い表す表現が、「冷夏」や「暖冬」です。

冷夏とは、夏の平均気温が3階級の表現で「低い」場合を言い、暖冬とは、冬の平均気温が「高い」場合をいいます。よって、暑夏と寒冬はこの反対になりますね。

   

     気象予報士  気象予報士の講座徹底比較しました!

通信講座を選んでいる方、興味のある方へ!

・現在、気象予報士の資格講座をいろいろ調べた結果、トップ3をピックアップして徹底比較してみました

・実際に資料請求もした講座もあり!

→気象予報士の講座を徹底比較