気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 季節予報について > 季節予報について

季節予報について

季節予報について

季節予報とは文字通り、季節を予報するものです。季節ごとの気温や降水量、積雪など四季のある日本には必要なものなのです。

 

気象庁が発表する季節予報の種類には、1か月予報、3か月予報、暖候期予報および寒候期予報があります。また、季節予報には全国を対象とした全般季節予報と、各地方を対象とした地方季節予報があります。

全般季節予報は気象庁本庁が発表し、地方季節予報は全国を11に分けた予報区ごとにそれぞれを担当する気象官署が発表します。

季節予報は、1か月間あるいは3か月間の平均的な気温や降水量、天候等の大まかな傾向を予報するもので、気温・降水量等を3つの階級(「低い(少ない)」「平年並」「高い(多い)」)に分け、それぞれの階級が現れる確率を数値で示しています。

季節予報の種類と内容

1か月予報 毎週金曜日、14時30分発表 1か月平均気温、第1週・第2週・第3〜4週の平均気温、1か月合計降水量、1か月合計日照時間、日本海側の1か月合計降雪量(冬季のみ)の出現確率

3か月予報 毎月25日頃(22日〜25日)、14時00分発表
 3か月平均気温、3か月合計降水量、月ごとの平均気温、合計降水量、日本海側の3か月合計降雪量(冬季のみ)の出現確率

暖候期予報 毎年2月25日頃(22日〜25日)、14時00分発表
 夏(6〜8月)の平均気温、合計降水量、梅雨時期(6〜7月、沖縄・奄美は5〜6月)の合計降水量の出現確率

寒候期予報 毎年9月25日頃(22日〜25日)、14時発表
 冬(12〜2月)の平均気温、合計降水量、日本海側の合計降雪量の出現確率

   

     気象予報士  気象予報士の講座徹底比較しました!

通信講座を選んでいる方、興味のある方へ!

・現在、気象予報士の資格講座をいろいろ調べた結果、トップ3をピックアップして徹底比較してみました

・実際に資料請求もした講座もあり!

→気象予報士の講座を徹底比較