気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 雨量の単位 > 雨量の単位

雨量の単位

雨量の単位

雨量の単位とは、単に雨が降ったというもののほかに台風や洪水などに必要なものですね。気象予報士には簡単なことなのかもしれませんが、知っておくといいでしょう。

 

雨量の単位はある時間内に地表に達した雨の量をいい、水の深さmmで表します。わかりやすく言うと、雨は広域にわたって降る場合もあれば,局地的に降る場合もあるわけで、雨の体積が同じでも、局地的に降れば洪水になるけど、日本全土に均等に降ったら小雨にしかならないですよね?


だから、その地方で何mm降ったかで表します。1時間あたり1リットルの雨として、お風呂ならせいぜい数mmの雨。コップなら数100mmの大雨となります。

河川や道路排水施設などの設計で用いる雨の量は対象面積(m2)×雨量(mm)×1000で求めます。
最初から体積にしてしまうと、その雨量の対象となる面積を決めておかないといけなくなります。(たとえばリットル/平方メートル)。つまり、例の場合だと計測するときは1m2の大きさを持つ計測器を作らないといけません。

実際に図る雨量計には転倒ます型雨量計というのがあります。


これは、内径200mmの受水器と、ろ水器、2個の転倒ます、パルス発生のためのリ−ドスイッチなどで構成されています。


受水器に入った雨水は、転倒ますの片側に注がれ、転倒ますは溜まった雨水によって重心が支点の反対方向に移動して、降水量が0.5mmに達すると転倒して排水します。転倒と同時にリ−ドスイッチが働き、接続した電気回路に1個のパルスを発生し、続いて注がれる雨水は別のますに入ります。

降雨が続く間、ますは降水量0.5mmごとに交互に転倒して、この回数だけパルスを発生します。このパルスの数を数えることで雨量の測定ができます。


人が時間ごとにメスシリンダーなんかを数えているわけではありませんので悪しからず(笑)

   

     気象予報士  気象予報士の講座徹底比較しました!

通信講座を選んでいる方、興味のある方へ!

・現在、気象予報士の資格講座をいろいろ調べた結果、トップ3をピックアップして徹底比較してみました

・実際に資料請求もした講座もあり!

→気象予報士の講座を徹底比較