気象予報士 合格試験、講座の口コミ・評判ガイド

気象予報士 試験に合格! > 気象観測について > 気象観測について

気象観測について

気象観測について

気象観測は、ベース基地の気象庁のほかに全国12000ヶ所の地点で国や地方公共団体が行っています。よく山間部なんかを車で走っていると、降雪量観測地などという看板を目にすることがあると思いますが、それがそうです。

 

気象庁で行われている気象観測は、国際的な基準に準拠した形で行われています。気象観測の要素として挙げられるのは、気温、湿度、降水量、風向き、風速、気圧、積雪、降雪の深さ、雲の量、日照時間、全天日射量、大気現象などがあります。 気象予報士

測定の方法は、一部の要素を観測する人が自分の目で観測する以外を除き、ほとんど計測器という機械を使って自動的に計測されています。

 

最近は、各観測地点で観測した結果をインターネットや携帯電話などを通じて公開している機関も増えてきているそうです。

また地域気象観測システム(アメダスといいます)による気象観測も、全国1300箇所以上の地点で自動的に行われています。これら自動的に集められたデータはコンピューターに自動保存され、気象庁のホストコンピューターに集約されます。

 

気象観測の種類についてご説明すると、気象台や測候所などの気象観測所は全国で約150ヶ所あり、そこでは地上で観測できる気象観測が行われています。

気温や湿度、風向きや風速、降水量などの観測から、大気現象や雲の形や量なども観測しています。

 

アメダスと呼ばれている地域気象観測システムでは雨量を自動的に観測しています。

気象レーダーによる気象観測では、電波を使って雨や雪の降り具合、その強さ、移動の仕方、分布範囲、などを連続的に観測していき、そのデータとアメダスで観測した雨量を組み合わせ、よりきめ細かな雨量の分布(レーダー・アメダス解析雨量)の作成もしています。

静止気象衛星で行われる気象観測では、雲の分布状況やその高さ、上空の風の状況や海面の水温の分布などを観測しています。

 

ラジオゾンデによる観測と、ウィンドプロファイラによる高層の気象観測では、気圧、湿度、風向風速などを観測しています。
そのほかには、高潮などの観測のための検潮所、波の観測のための沿岸波浪計などの種類があります。

   

     気象予報士  気象予報士の講座徹底比較しました!

通信講座を選んでいる方、興味のある方へ!

・現在、気象予報士の資格講座をいろいろ調べた結果、トップ3をピックアップして徹底比較してみました

・実際に資料請求もした講座もあり!

→気象予報士の講座を徹底比較