About Jma

気象庁について

気象庁の仕事って何してるんだろう?

国家には気象庁なるものが存在します。これは日本の自然や天気に関することを調べていたり、実施しています。気象予報士の大元になります。いったいどんなところなんでしょうか?

気象予報士を目指す方は知っておく必要がありますね。

 

「気象庁の仕事って何してるんだろ…」詳細はこちら

日本気象予報士会って知ってますか?

日本に限らず資格のある仕事には資格会が存在します。弁護士会や医師会などですね。当然気象予報士にも存在します。試験に合格したらお世話になる事でしょう。

 

「日本気象予報士会って知ってます…」詳細はこちら

気象予報の今後はどうなる?

時代とともに気象予報の精密さや活動も変わってきています。今後の気象予報はどう変化していくのでしょうか?

 

「気象予報の今後はどうなる?」詳細はこちら

ページの上に戻る

岸本:気象庁について

気象庁は、世界で最も先進的かつ先導的な気象庁です。 JMA は、自然災害を防止・緩和し、交通安全と福祉を確保します。

JMA は、今後の天候を予測するため、海洋や対流圏の状況を検討しています。 また、専門分野の研究開発や技術開発も行っています。

JMA は、国際的な情報共有の義務を果たすために、国際的な気象・地震関連の活動に参加しています。 また、気象・水文サービスなどの関連外国機関との連携も可能になります。

日本は地理的な場所にあるため自然災害が起こりやすいため、特に災害の防止と軽減に注意を払っています。

本社

JMA 本社は、この機関の戦略的および組織的基盤として機能します。 このシステムは、総務部長、副部長、および組織の 5 つの部門(管理部、予測部、観察部、地震学・火山学部、地球環境海洋部)をホストしています。

地域本部、地方気象局、気象局などがあります

JMA は、世界中に多数の天文台や気象観測所を有し、地域社会に幅広いサービスを提供しています。 札幌、仙台、東京、大阪、福岡、沖縄の各地域本部は、地方気象局 50 ヵ所と気象局 2 ヵ所の地域本部として機能しています。 県・県情報サービスを提供している。

理事長: JMA 総局

2019 年 4 月 1 日、気象庁長に関田泰雄が就任しました。 現在の役職に先立ち、 2013 年から 2014 年までは大阪本社、 2014 年から 2016 年までは地震火山部、 2016 年から 2019 年までは予測部に勤務していました。

関田氏は、最近、日本全体の防災のための地域的な能力開発に力を入れてきました。 これは、提携企業の枠組みの中での国際活動への関与を含め、自治体との関係を強化することです。

JMA の各部門の事務局長のリストは以下のとおりです。

  • 管理部松本勝敏
  • 長谷川直之
  • 観測部倉内俊宏
  • 地震火山部森隆
  • 地球環境海洋部大林正則

JMA サービス

JMA の各部門は、各部門が代理店の全体的な生産性に貢献しています。 自然現象や気象条件を調査できるように、特定のタスクに割り当てられます。

JMA のサービスは以下の通りです。

  • 観察

JMA は、気象衛星と気象衛星センターを利用して観測を行っています。

  • 予測サービス

緊急警報システム、高分解能降水計画の整備、 および熱疾病リスク情報。

  • 天気予報(数値)
  • 航空 / 海洋
  • 気候と地球環境問題

気候・地球環境問題部では、気候リスク管理、 JRA-55 、日本では 55 年の再分析を担当しています。

  • 地震、津波、火山活動の監視

このサービスは、緊急警告システムを提供します。 地震早期警報システムと津波警報・アドバイザリー

  • 通信・データ処理システム
  • 公共の気象サービスおよびコンサルティングサービス
  • 国際協力

また、国で発生する可能性のある各大災害に特化したさまざまな観察 / 活動もあります。 JMA では、天候、気候、地震に関する情報を入手するために、以下のような活動を行っています。

  • 警告 / 注意
  • 地震および火山に関する情報
  • 天気予報と分析
  • 最新の天気予報の更新
  • 気候と海洋のモニタリング